スマートな大人は知っておきたい!イタリア料理のコースについて

正式なイタリアンのコースはフランス料理のコースの基礎となったものです。フレンチのコースよりも品数もが少ないのでスマートに立ち振る舞うためにも是非とも覚えておきましょう。

■アンティパスト

イタリアンの前菜「アンティパスト」
イタリア料理の前菜のことです。トマトやパプリカなどを用いた彩の美しいものが一般的です。トマトとモッツアレラチーズ、牛肉のカルパッチョなどがよく出てきます。

■プリモ・ピアット

プリモ・ピアット
パスタやリゾット、ズッパ(スープ)などが代表的です。イタリアンではパスタはスープ感覚なんです。地方によってはピザやニョッキの場合もあります。

■セコンドピアット

イタリアンのメインディッシュ「セコンド・ピアット」
イタリアンのメインディッシュです。肉料理、魚料理から一品を選びます。ロースト、グリル、フリットなどが代表的。

■ヴェルドゥーラ

ヴェルドゥーラ(サラダ)
メインディッシュに付け合せる野菜やサラダなどを指します。

■フォルマッジョ

フォルマッジョ(チーズ)
ここはフレンチと同様です。コースには含まれないことが多いので食べたい場合は別途スタッフに頼みます。

■ドルチェ

ドルチェ(デザート)はティラミスが有名
デザートは種類も豊富で、中でもティラミスが有名ですがその他にもパンナコッタやジェラートなどもあります。

■コーヒー

コーヒーはエスプレッソが一般的です
エスプレッソが一般的です。イタリアでは食後にカプチーノを飲むのは満腹にならなかったという意思表示になってしまいますので気をつけましょう。

主食はパン

イタリアンではパスタはスープ感覚であり、主食はパンです。オリーブオイルやバルサミコの入ったお皿が出てきたらパンにつけてかまいません。

アラカルトのオーダーの仕方

メニューを上から下にオーダーすれば途中を抜かしてもかまいません。アンティパスト(前菜)とセコンンド・ピアット(メインディッシュ)を頼んでプリモ・ピアットを抜くなんてものでもOKです。
アンティパスト(前菜)とプリモ・ピアットとしてパスタを頼み、お腹の様子やボリュームを見てから後で決めるといったこともできます。
ドルチェは最後にオーダーしましょう。

同じコースといえどイタリアンとフレンチではだいぶ変わっています。イタリアンのコースを理解したらぜひフレンチのコースも理解しましょう!フレンチのコースについてはこちらの記事をごらんください⇒スマートな大人は知っておきたい!フランス料理のコースについて


スマートな大人は知っておきたい!イタリア料理のコースについて



ブログランキングに参加しています
応援よろしくおねがいします♪

Pick UP!

東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ


最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧